sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

追加アプリケーションパッケージ、PETやSFSなどの話題です

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by シノバー » 11/02/08(火) 23:52

SFSをオンザフライでload/unload。最近のパピーにはあらかじめ組み込まれているので、改めてインストールする必要はありません。

本家版 Slacko-6.9.6.4 や tajrpup-6.0.6 などで、サブフォルダ内に置かれた追加SFSを次の起動時にはロードできません。これは期待された動作ではなく、バグです。修正した sfs_load-3.0.3を用意しました。
http://shinobar.server-on.net/puppy/opt/pup5/sfs_load-3.0.3.pet
なお、sfs_load-3系は Slacko-7betaなど最新6系パピー専用です。5系の古いパピーをサポートしていませんのでご注意ください。

5系以前のパピーでは以下が最新版です。
http://shino.pos.to/linux/puppy/
最新版: sfs_load-2.3.pet

最近のパピーリナックスには組み込み済みです。追加インストールや更新の必要は通常ありません。
ライブCD起動などRAMモードでもPCのリブートなしでSFSをロードできます。
質問やご意見は、このトピックに返信してください。
最後に編集したユーザー シノバー [ 17/03/11(土) 22:15 ], 累計 27 回
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

Re: sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by 居眠り » 11/02/10(木) 22:05

お久しぶりです。居眠りです。

うちのPCで試してみました。
wary-500をramモードで起動。
上記petを導入後、lang_support_ja-1.5.1をロードしました。

ネットをしてみましたが、日本語表示と入力とも問題なく使用できています。
abiwordも入力できました。
再起動していないのでデスクトップは英語表記のままですが、再起動なく使用ができるので便利ですね。

この投稿も上記環境で書いています。
Machine : HP EliteBook8440p (core i5, 2G)
OS : Precise-571JP, Ubuntu12.04, Win7

メモリが欲しい・・・
居眠り
 
記事: 16
登録日時: 10/10/17(日) 11:40

Re: sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by シノバー » 11/02/11(金) 08:14

居眠り さんが書きました:再起動していないのでデスクトップは英語表記のままですが、再起動なく使用ができるので便利ですね。

テストありがとうございます。
PCを再起動しなくてもXをリスタートするとデスクトップも日本語になる(かも?)です。
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

Re: sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by 居眠り » 11/02/11(金) 10:44

シノバー さんが書きました:PCを再起動しなくてもXをリスタートするとデスクトップも日本語になる(かも?)です。


確認しました。
ちゃんとXをリスタートしろとメッセージが出てましたね。 :oops:

せっかくなので、wary-500を使用してみたいと思います。

他力本願で恐縮ですが、日本語版(マルチリンガル版)期待してます。
Machine : HP EliteBook8440p (core i5, 2G)
OS : Precise-571JP, Ubuntu12.04, Win7

メモリが欲しい・・・
居眠り
 
記事: 16
登録日時: 10/10/17(日) 11:40

SFS load on PUPMODE=7

投稿記事by シノバー » 11/11/12(土) 17:40

シノバー さんが書きました:PUPMODE=7(全パーティションにsave)で動かないとの報告が本家フォーラムで出ています。
http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=64354

というか、もともとPUPMODE=7でbootmanagerを使ってSFSを読み込むと、カーネルパニックになるというバグがありません?
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

sfs_load-1.9.1

投稿記事by シノバー » 12/04/09(月) 21:46

EDIT: テスト版最新は sfs_load-1.9.2.pet (2012.04.13 更新)
テスト版: sfs_load-1.9.1.pet (2012.04.09 更新)
主に 3.2系などの最新カーネルで動作不安定だったのを修正したものですが、コマンドラインから複数のSFSを纏めてロードするなどの新機能も備えています。
コード: 全て選択
# sfs_load --help
SFS-Load オン・ザ・フライ v.1.9.1
追加SFSをオン・ザ・フライでロード/アンロード
usage: sfs_load [OPTION] [OPTION2 ...] [+|-][FILE_NAME] [+|-][FILE_NAME2] ...
      +FILE_NAME: load, same as FILE_NAME without '+'.
      -FILE_NAME: unload, same as --unload FILE_NAME.
  Options (short, or long):
    -u, --unload: unload the extra sfs files.
    -c, --cli: commandline interface, without dialog.
    -q, --quiet: skip the 1st confirmation dialog.
    -d, --debug: verbose output for debugging information.
    -l, --list=FILE_LIST : read file names from the list file FILE_LIST.
    - (without file name): read file names from standard input. Imply '--cli'.
  Examples:
        ls -1 DIR_NAME | sfs_load -
        sfs_load - < FILE_LIST
        sfs_load --list=FILE_LIST
      Note that FILE_LIST contains each filename per a line.
  Other options(sfs_load internal use):
    -n, --no-afterwork: suspend fixmenus and etc. after (un)loading.
    -a, --afterwork (without file name): only do suspended afterwork.
    -s, --skip-fixmenus: skip fixmenus (but do startup scripts and etc.).
    start: auto load at boot (called from /etc/initd.d/sfs_load)
    stop: clean up at shutodpwn (called from /etc/initd.d/sfs_load)
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

sfs_load-1.9.6-2

投稿記事by シノバー » 13/05/13(月) 11:06

CHANGES
コード: 全て選択
# 29 Jan 2011 v0.2: fix under RAM mode (PUPSAVE=5), multisession CD support (PUPMODE=77)
# 30 Jan 2011 v0.3: unionfs mount option, fix menu update after unload
#  4 Feb 2011 v0.4: fix was pulldown failed, confirm before move, do not support unionfs other than aufs
#  5 Feb 2011 v0.5: fix was sfs removed from the list even unload failed, search smaller number if pup_roN is not available, fix typo ZDRBASE
#  9 Feb 2011 v0.6: fix was moved remote files, restart X info, launcher (thanks to seaside)
# 11 Feb 2011 v0.7: fix ws not update menu in some case, see aufs even with no module(thanks to jemimah), add new loop device
# 14 Feb 2011 v0.8: warning excessive extra files, restart main dialog, cleanup whiteout at unload(thanks to jpeps and jemimah), mkfontscale, mkfontdir
# 23 Feb 2011 v0.9: improve compatibility under PUPMODE=6 (thanks to mavrothal) and PUPMODE=77
# 23 Feb 2011 v0.9: persistent loading excessive sfs after reboot(idea from jamesbond), main dialog layout(thanks to jamesbond)
# 23 Feb 2011 v0.9: glob pattern file neme, puppypin
# 15 Mar 2011 v1.0: again PUPMODE=5/6/77
# 17 Mar 2011 v1.1: load/unload under PUPMODE=5, launcher
# 22 Sep 2011 v1.1.1: free(busybox) version compatible
# 26 Sep 2011 v1.2: fix was undesired mount (thanks to mories), fix was fleezed input in combobox, fix ramsize
# 28 Oct 2011 v1.2.9: support kernel 3.x and unionfs, special characters in path, profile.d
# 13 Nov 2011 v1.3: fix could not unload excess sfs(>6) with some version of busybox, PUPMODE=7(same as PUPMODE=2), error message at unload failure, wait before removing layer
# v1.3.9: fix was not perform Startup scripts at load
# v1.3.9: HAS_ICONS, HAS_GLIB_SCHEMA (jemimah)
# v1.3.9: wipe out the masking files in save layers at load
# v1.3.9: kernel versions and SUPPORTSIG (red/yellow/green)
# v1.3.9: another tmpfs (/mnt/tmp) for live CD and etc.
# v1.3.9: PUPHOME without pupsave (PUPMODE=5), look up live CD, PUPMODE=77
# v1.3.9: messages - not to delete loaded sfs, retry unload, experimental, unsupport versions
# 8 Mar 2012 v1.4: extrasfsfind, upadate nls
# 7 Apr 2012 v1.9: clean up whiteout, BOOTCONFIG.save for remastered puppy, accept multiple files, read from standard input, permission check
# 9 Apr 2012 v1.9.1: clean up whiteout once for load, busybox umount and do not 'losetup -d'(jemimah), where to mount(pup_ro?), always register EXTRASFSLIST, no wide search for full path
#13 Apr 2012 v1.9.2: fix was missing mountedpart, skip fixmenus for 'start', on RAM with remastered, saluki stuff
#1 Mar 2012 v1.9.3: fix was clean up whiteout do not see pup_z, incleased RESERVHDD/RAM, version info, jwm -reload without flicker
#6 Mar 2012 v1.9.4: fix excess(>6) load was messing up with some version of busybox(lupu), fix was menu dissappeared for eccess sfs, fix was error but already mounted, aboid 'losetup -d' for sum kernel
#6 Mar 2012 v1.9.4: fix 'restart X' warning, never use external download_file, 'Back to sfs_load' button, gtkdialog4
#18 May 2012 for lupu-528JP: SUPPORTSIG=yellow
#19 May 2012 v1.9.5: fix was no move but always copy
#31 May 2012 v1.9.6: fix was everytime rc.update run when the number of additional sfs > 3, also when >6
#            v1.9.6-2: 'losetup -d' is disabled for kernel-3.x
#14 May 2012 v1.9.7: fix was faild more than 7 after reboot (thanks to nonki3476), fix was failed cleanwhite on flash, support util-linux-2.23 (thanks to simargl) , debugging log


コマンドラインからの使用法
コード: 全て選択
# sfs_load --help
SFS-Load オン・ザ・フライ v.1.9.6
追加SFSをオン・ザ・フライでロード/アンロード
usage: sfs_load [OPTION] [OPTION2 ...] [+|-][FILE_NAME] [+|-][FILE_NAME2] ...
      +FILE_NAME: load, same as FILE_NAME without '+'.
      -FILE_NAME: unload, same as --unload FILE_NAME.
  Options (short, or long):
    -u, --unload: unload the extra sfs files.
    -c, --cli: commandline interface, without dialog.
    -d, --debug: verbose output for debugging information.
    -h, --help: print this help and exit.
    -l, --list=FILE_LIST : read file names from the list file FILE_LIST.
    -q, --quiet: skip the 1st confirmation dialog.
    -v, --version: print version and exit.
    - (without file name): read file names from standard input. Imply '--cli'.
  Examples:
        ls -1 DIR_NAME | sfs_load -
        sfs_load - < FILE_LIST
        sfs_load --list=FILE_LIST
      Note that FILE_LIST contains each filename per a line.
  Other options(sfs_load internal use):
    -n, --no-afterwork: suspend fixmenus and etc. after (un)loading.
    -a, --afterwork (without file name): only do suspended afterwork.
    -s, --skip-fixmenus: skip fixmenus (but do startup scripts and etc.).
    start: auto load at boot (called from /etc/initd.d/sfs_load)
    stop: clean up at shutodpwn (called from /etc/initd.d/sfs_load)
最後に編集したユーザー シノバー [ 13/05/14(火) 10:47 ], 累計 1 回
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

6つを超えての追加SFS

投稿記事by シノバー » 13/05/13(月) 12:54

多くのパピーで追加SFSは原則6つまで。パピー開発者 Barryさんによれば、あまり多くすると実行速度が落ちるので6つくらいにしておいたということのようです。いっぽうパピーの派生では 20個まで使えるようにしたものもあります。

BootManagerで6つを超えて追加することはできません(Precise Puppyなど最近のパピーは6つを超えることができる。)。SFS_Loadで追加SFSが6つを超えると警告が出ますが、ロードすることはできます。SFS_Loadでは6つを超えてロードしても、そのセッションでは問題ありません。問題は次の再起動時に起きる可能性があります。

ロードされたSFSは /etc/rc.d/BOOTCONFIG に登録されます。再起動時にパピーはこのうち6つだけをまずロードします。残りのSFSは /etc/init.d/sfs_load を通じてロードされます。問題はそのタイミングです。第1陣の6つは起動後早い時期にロードされるので問題ありませんが、たとえばグラフィック・ドライバ・モジュールが後半グループに含まれていると、タイミングによっては、X(デスクトップ)が立ち上がらない場合があります。

この問題をもっと複雑にしているものがあります。第1陣の6つが選ばれる基準が、本家版では前回ロード順(SFS_LoadやBootManagerの右側リストに表示される順序)ではなくアルファベット順となることです。日本語版は前回ロード順(表示のとおり)。

日本語版での対処は、ドライバなどを含む重要なSFSは最初の6つ以内にロードしておくこと。
英語版の場合はSFSのファイル名を変更し、先頭文字にロード順を示す数字を入れることで対処できます。

複数のSFSを1つにまとめるなどで、総計を6つ以内に止めるほうが賢明かもしれません。
あるいは一時的にたくさんのSFSを使ったとき、使ったあとの余分なSFSは再起動前に外しておくことも心がけたほうが良い、
最後に編集したユーザー シノバー [ 13/05/14(火) 10:53 ], 累計 1 回
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

Re: sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by nonki3476 » 13/05/14(火) 00:51

Precise Puppy 5.49 JP02上で sfs_load v1.9.6 を使用しております。

Precise起動後、設定ー>パピー起動時に設定にて
下記sfsファイル01〜06を設定しました。
再起動後、問題なく各sfsファイルが登録されていました。
メニューよりsfs_load on the fryを起動し、下記sfsファイル(07〜08)を
登録しました。
Xサーバ再起動後、Libreoffice、gimpが動作しているのを確認しました。
OS再起動後sfsファイルの登録状況を確認すると、sfsファイル08のgimpが
登録されていませんでした。
また、メニュー内のLibreoffice見出しのアイコンが表示されていませんでした。
Libreofficeは登録されておりメニューから起動できました。
デスクトップの修復を行うとアイコンが表示されました。
再度確認しましたがgimpは登録されていませんでした。

複数回boot、shutdownを繰り返して確認しましたがgimpが登録されませんでした。
どのようにしたら登録できるようになるでしょうか。よろしくお願いします。

対象sfsファイル一覧
01kernel_src-3.2.29-patched.sfs
02devx_precise_5.5.sfs
03lang_pack_ja-1.5b.sfs
04perl-5.14.2.sfs
05jre-1.7u21-i586.sfs
06seamonkey-2.17.1-ja-2_fp103.sfs
07LibreOffice-4.0.2_ja_xz.sfs
08gimp-2.8.4-1-percise_xz.sfs
nonki3476
 
記事: 54
登録日時: 10/06/28(月) 13:52

Re: sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by cygnus_odile » 13/05/14(火) 08:20

5.49 JP02 上ということなら、とりあえず、
03lang_pack_ja-1.5b.sfs とか 06seamonkey-2.17.1-ja-2_fp103.sfs は、収録済みなので、
応急措置としては、それらは sfs の組み込み対象から外してもいい筈です。それで、sfs の数を減らすとどうなりますか? それでもgimp はだめ?
最後に編集したユーザー cygnus_odile [ 13/10/20(日) 17:24 ], 累計 2 回
cygnus_odile
 
記事: 665
登録日時: 09/08/16(日) 14:30

sfs_load-1.9.7

投稿記事by シノバー » 13/05/14(火) 10:38

nonki3476 さんが書きました:複数回boot、shutdownを繰り返して確認しましたがgimpが登録されませんでした。

確認しました。どうも7つ目はOKだが8つ目からコケるようです。
修正したものをアップしました。テストください。
http://shino.pos.to/linux/puppy/sfs_load-1.9.7.pet
#14 May 2012 v1.9.7: fix was faild more than 7 after reboot (thanks to nonki3476), fix was failed cleanwhite on flash, support util-linux-2.23 (thanks to simargl) , debugging log

なお、メニューからLibreOfficeのアイコンが消えるのはLibreOficeが7番目になっているからです。たとえばPerlなどはその問題がありませんから、PerlのSFSを後ろに持っていくなどの方法で対処ください。Gimpのアイコンが出ないのはGimpのSFS側の問題です。

それから、549JP02で実験したら、BootManagerから6つを超えて登録することはできるようです。7つ目以降はさきに挙げた問題は起こり得ますので、重要なSFSは6番目までに置くようには注意ください。

日本語版では BootManagerや sfs_loadでの順番は維持されますので、ファイル名は順序に関係ありません。
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

Re: sfs_load - SFS load/unload on-the-fly

投稿記事by nonki3476 » 13/05/15(水) 00:00

cynus_odileさんのご指摘で気がつきました。
Precise 5.5 から Precise 5.49JP02 への移行を実施した環境でしたので
JP02本来の環境とは違っていたのでした。
seamonkey 2.17.1が登録されているのに突然2.15の更新がきたりしておりました。
今回ご返事が遅れたのは改めて Precise 5.49 JP02のFrugalで一から再インストールを
行っためです。
おかげさまで、起動時設定のみで起動できるようになり正常に動作していることを
確認することができました。
シノバーさんにはお手数をお掛けした様で恐縮です。
sfs_loadのデバッグにちょっとだけお役に立てたのかな・・・

早速sfs_load 1.9.7をテストさせていただきます。
nonki3476
 
記事: 54
登録日時: 10/06/28(月) 13:52

Re: sfs_load-1.9.7

投稿記事by 486HA » 13/05/15(水) 09:28

[quote="シノバー"]
修正したものをアップしました。テストください。
http://shino.pos.to/linux/puppy/sfs_load-1.9.7.pet

Upup Precise 3.8.3.1日本語版にインストールして動作確認を行いました。
1、SFS-Load on-the-flyで10個のSFSファイルをロードしてから再起動すると
  10個すべてが正常にロードされメニュー・アイコンにも全て表示されました。
2、Bootmanagerで10個のSFSファイルを設定して再起動すると
  10個すべてが正常にロードされメニュー・アイコンにも全て表示されました。
  この場合のロード順番は設定とは関わりなくアルファベット順に並び替えられていました。
  
CORE-i7-6700HQ uEFI ram:8GB
Full: Quirky Xerus-64 8.2
save2dir: Tahr 6.0.6(32/64), Slacko 6.9.9(32/64),Xenialpup 7.0.8.1
Slimjet 15.0.3.0(32/64)
486HA
 
記事: 1142
登録日時: 11/03/06(日) 14:31

SFSのロード順

投稿記事by シノバー » 13/05/15(水) 13:36

486HA さんが書きました:この場合のロード順番は設定とは関わりなくアルファベット順に並び替えられていました。

この点は、日本語版のコードが woofに取り入れられたので、将来の英語版パピーでは改善される見込み。
バリーさんブログ→ http://bkhome.org/blog2/?viewDetailed=00242
The bar master, Shino's Bar
http://paper.cup.com/
アバター
シノバー
 
記事: 3080
登録日時: 09/03/21(土) 00:05

Re: SFSのロード順

投稿記事by 486HA » 13/05/15(水) 15:03

シノバー さんが書きました:
486HA さんが書きました:この場合のロード順番は設定とは関わりなくアルファベット順に並び替えられていました。

この点は、日本語版のコードが woofに取り入れられたので、将来の英語版パピーでは改善される見込み。
バリーさんブログ→ http://bkhome.org/blog2/?viewDetailed=00242

 この辺も拝見しています。
http://murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=86137

Precise Puppy 5.6 beta2で11個のSFSファイルをロードして見たところ、
Bootmanagerでロード順がアルファベット順ではなくチグハグになるとはいえロードはできています。
 SFS-Loadから「推奨されません」と言われて/initrdにpup_roxxが追加されていきますが、
何処までが限界かは未だに試したことがありません。
 私自身、ファイル・サイズが小さなものは本体にインストールしてリマスターを作成するか、
ファイル・サイズが大きなものはPETファイルでもSFSファイルでも纏めて単一のSFSファイルにするので
正直なところロードできるSFSファイル数の制限は気に留めておりません。
パーミッションが与えられていないため、記事の添付ファイルを見ることができません
CORE-i7-6700HQ uEFI ram:8GB
Full: Quirky Xerus-64 8.2
save2dir: Tahr 6.0.6(32/64), Slacko 6.9.9(32/64),Xenialpup 7.0.8.1
Slimjet 15.0.3.0(32/64)
486HA
 
記事: 1142
登録日時: 11/03/06(日) 14:31

次へ

Return to 追加アプリケーション

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]