pcmciaカード経由でのpupsave

4.X系のバグ、トラブル

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

pcmciaカード経由でのpupsave

投稿記事by Endeavor_wako » 13/06/23(日) 14:04

431JP2012をCDブートで動かしていて遭遇した件。

旧いノートPCにUSB2.0拡張用のpcmciaカードを差し、そこにUSBメモリを繋いでpupsaveを保存しようと目論みました。

が、シャットダウン時に必ず失敗します。

原因は、rc.shutdown の中でpupsave への書き出しを行う前に /etc/init.d にあるrcスクリプトをstop付きで呼び出している為。おかげでpcmcia のサービスもさっさと終了してしまい、その先のUSBメモリへアクセスできなくなってしまう。

ということで、rc.shutdownを改変し、実行順序を入れ替えてとりあえずの解決をみました。

しかし、こういう仕様になっているのは何か理由があるはずですが、私には思い当たりません。どなたか詳しい方、ご教示いただけませんか?
Main:lenovo ThinkPad R500,LinuxMint17.2Xfce(x64)
Sub:ASUS eeePC 1001PX,Slitaz rolling, LM17.2Xfce(x86)に変えました
Old sub:Matsushita CF-R2,Slitaz rolling

Puppyを使わなくなって久しい今日この頃。引き続き、会話シュミレーターは無視する方向で。
Endeavor_wako
 
記事: 378
登録日時: 09/09/18(金) 01:54

Return to 4.X系

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]