debiandog で scim-anthy がだめ -> solved 解決

以上のフォーラム以外の開発者の話題

モデレータ: YoN, nyu

debiandog で scim-anthy がだめ -> solved 解決

投稿記事by hatahata » 15/08/31(月) 16:03

office.png
debiandogのことなのですが
ibus-anthy は なんとか走ります。

 scim-anthy を模索してますが、
./comment-out.bat scim.bat

echo ' export GTK_IM_MODULE=scim'
echo ' export XMODIFIERS=@im=scim'
echo ' export QT_IM_MODULE=scim'
echo '----------11111-----------'
echo $GTK_IM_MODULE
echo $XMODIFIERS
echo $QT_IM_MODULE
echo '----------22222-----------'
scim -d

にて 
aptitude install gtk2-engines を加えても
以下のエラーがでます。


Launching a SCIM daemon with Socket FrontEnd...
Loading simple Config module ...
Creating backend ...
Loading socket FrontEnd module ...
Starting SCIM as daemon ...
Launching a SCIM process with x11...
Loading socket Config module ...
Creating backend ...
Loading x11 FrontEnd module ...
GTK Panel of SCIM 1.4.15


** (scim-panel-gtk:5120): WARNING **: Error retrieving accessibility bus address: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.a11y.Bus was not provided by any .service files
Starting SCIM as daemon ...
SCIM has been successfully launched.
root@debian:~# aptitude install gtk2-engines

がでます。どうしたらいいのでしょうか?


なお 検証のために debiandog そのものがいるかもしれません。
そのために  aoiyuma.mydns.jp に
Ddog.tar.gz
をのせました。
/ で tar xvzf Ddog.tar.gz していただくと
/live ができます。

あとは
menu.lstに以下を追加してください。。(sda1のとき)
title DebianDog Jessie
root=(hd0,0)
kernel /live/vmlinuz1 noauto from=/ changes=/live/
initrd /live/initrd1.xz


なお 圧縮しても 20%しか減らず 1.1GB と大きいですので
ダウンロードにはご注意ください。 
膨らますと 1.3Gちょっとになります。

その解決のためMINTではどうなってるのかを見ました。

ls -l /usr/share/dbus-1/services/ に
。ありました
合計 176
-rw-r--r-- 1 root root 70 3月 28 2014 ca.desrt.dconf.service
-rw-r--r-- 1 root root 85 3月 14 2014 com.canonical.indicators.webcredentials.service
-rw-r--r-- 1 root root 84 3月 17 2014 com.google.code.AccountsSSO.SingleSignOn.service
-rw-r--r-- 1 root root 81 3月 17 2014 com.nokia.SingleSignOn.Backup.service
-rw-r--r-- 1 root root 70 3月 14 2014 com.nokia.singlesignonui.service
-rw-r--r-- 1 root root 80 3月 25 2014 com.ubuntu.OneConf.service
-rw-r--r-- 1 root root 107 6月 14 2013 gnome-vfs-daemon.service
-rw-r--r-- 1 root root 65 4月 16 2014 gvfs-daemon.service
-rw-r--r-- 1 root root 76 4月 16 2014 gvfs-metadata.service
-rw-r--r-- 1 root root 73 4月 11 2014 obex-client.service
-rw-r--r-- 1 root root 78 10月 9 2012 obex-data-server.service
-rw-r--r-- 1 root root 106 5月 26 2014 org.Cinnamon.HotplugSniffer.service
-rw-r--r-- 1 root root 68 5月 21 2014 org.Nemo.service
-rw-r--r-- 1 root root 81 1月 21 2014 org.a11y.Bus.service
-rw-r--r-- 1 root root 110 1月 21 2014 org.a11y.atspi.Registry.service
-rw-r--r-- 1 root root 71 5月 7 2014 org.bansheeproject.Banshee.service
-rw-r--r-- 1 root root 91 5月 7 2014 org.bansheeproject.CollectionIndexer.service
-rw-r--r-- 1 root root 93 5月 8 2014 org.cinnamon.ScreenSaver.service
-rw-r--r-- 1 root root 86 3月 15 2014 org.fedoraproject.Config.Printing.service
-rw-r--r-- 1 root root 85 1月 16 2014 org.freedesktop.ColorHelper.service
-rw-r--r-- 1 root root 89 3月 27 2014 org.freedesktop.Geoclue.Master.service
-rw-r--r-- 1 root root 118 3月 8 2014 org.freedesktop.Geoclue.Providers.UbuntuGeoIP.service
-rw-r--r-- 1 root root 100 4月 9 2014 org.freedesktop.IBus.service
-rw-r--r-- 1 root root 93 5月 21 2014 org.freedesktop.NemoFileManager1.service
-rw-r--r-- 1 root root 97 11月 19 2013 org.freedesktop.Telepathy.Client.Vino.service
-rw-r--r-- 1 root root 122 12月 16 2013 org.freedesktop.secrets.service
-rw-r--r-- 1 root root 83 5月 21 2014 org.gnome.FileRoller.service
-rw-r--r-- 1 root root 81 3月 28 2014 org.gnome.GConf.service
-rw-r--r-- 1 root root 61 1月 24 2014 org.gnome.Tomboy.service
-rw-r--r-- 1 root root 74 3月 12 2014 org.gnome.evince.Daemon.service
-rw-r--r-- 1 root root 119 2月 11 2014 org.gnome.evolution.dataserver.AddressBook.service
-rw-r--r-- 1 root root 113 2月 11 2014 org.gnome.evolution.dataserver.Calendar.service
-rw-r--r-- 1 root root 111 2月 11 2014 org.gnome.evolution.dataserver.Sources.service
-rw-r--r-- 1 root root 114 2月 11 2014 org.gnome.evolution.dataserver.UserPrompter.service
-rw-r--r-- 1 root root 86 11月 5 2013 org.gnome.keyring.PrivatePrompter.service
-rw-r--r-- 1 root root 85 11月 5 2013 org.gnome.keyring.SystemPrompter.service
-rw-r--r-- 1 root root 116 12月 16 2013 org.gnome.keyring.service
-rw-r--r-- 1 root root 87 1月 9 2014 org.gnome.seahorse.Application.service
-rw-r--r-- 1 root root 89 3月 28 2014 org.gtk.GLib.PACRunner.service
-rw-r--r-- 1 root root 98 4月 16 2014 org.gtk.Private.AfcVolumeMonitor.service
-rw-r--r-- 1 root root 105 4月 16 2014 org.gtk.Private.GPhoto2VolumeMonitor.service
-rw-r--r-- 1 root root 97 4月 16 2014 org.gtk.Private.MTPVolumeMonitor.service
-rw-r--r-- 1 root root 105 4月 16 2014 org.gtk.Private.UDisks2VolumeMonitor.service
-rw-r--r-- 1 root root 80 5月 26 2010 sessioninstaller.service
です。


# file /usr/share/dbus-1/services/org.a11y.Bus.service
/usr/share/dbus-1/services/org.a11y.Bus.service: ASCII text

# cat /usr/share/dbus-1/services/org.a11y.Bus.service
[D-BUS Service]
Name=org.a11y.Bus
Exec=/usr/lib/at-spi2-core/at-spi-bus-launcher
なかんじです。

つまり mint あるいは debian から異論なものをもってきたら debiandog でも scim-anthy が
はしるかもしれませんが、 そんな苦労をするなら 4Gを越えると むしろmint その物を 使う方が楽です。
よい盆栽をつくるには 丁寧なお手入れが要ると思われます。。
パーミッションが与えられていないため、記事の添付ファイルを見ることができません
最後に編集したユーザー hatahata [ 15/09/11(金) 15:07 ], 累計 5 回
hatahata
 
記事: 211
登録日時: 14/06/11(水) 11:49

Re: debiandog で scim-anthy がだめ

投稿記事by hatahata » 15/09/06(日) 01:40

 一応 scim-anthy debiandog で 動きました。


mintからのは 利用せずにいれる方法です。

DebianDog-Installer をつかってインストールします。


インストールには 少なくとも3つの方法があります
1)mount -o loop dog.iso を利用して 直接フォルダに入れる方法
2)CDでブートして フォルダに入れる方法
3)DebianDog-Installer をつかう方法です。
2) 3)は 結構 困難に遭います。 
でも 登山家は 少しの落石くらいは乗りきります。
経験と その時その時の思考で乗りきれるはずです。

ーーー途中でーーー
左側で sda1
右側で isoファイルだけを指定します。この下のフォルダうんぬんは 空白にします。

この後ちょっともたもたしましたが、grub4dosをしてできました。


現状は

dpkg -l | grep scim
ii libscim8c2a:i386 1.4.15-3 i386 library for SCIM platform
ii scim 1.4.15-3 i386 smart common input method platform
ii scim-anthy 1.2.7-6 i386 SCIM IMEngine module for Anthy



root@debian:~# dpkg -l | grep im-config
ii im-config 0.27-2 all Input method configuration framework

root@debian:~# dpkg -l | grep zenity
ii zenity 3.14.0-1 i386 Display graphical dialog boxes from shell scripts
ii zenity-common 3.14.0-1 all Display graphical dialog boxes from shell scripts (common files)




root@debian:~# head .bashrc
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"
export XMODIFIERS="@im=SCIM"

なお
im-configで scim を選んでます。

あと
./comment-out.bat /etc/default/keyboard
XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp"
BACKSPACE="guess"


で 、普通の scim-anthyとなりました
つまり 
./comment-out.bat scim.bat
setxkbmap jp
echo ' export GTK_IM_MODULE=scim'
echo ' export XMODIFIERS=@im=scim'
echo ' export QT_IM_MODULE=scim'
echo '----------11111-----------'
echo $GTK_IM_MODULE
echo $XMODIFIERS
echo $QT_IM_MODULE
echo '----------22222-----------'
scim -d &
は不要です。



roxtem 上でも 日本語入力できます。
debiandog 確かに libreoficeはいります。
しかし 随分 オデブな犬になって こうなるとpuppyの趣旨からははずれていきます。


すべてのlinuxに フォルダ住まいのpuppyをいれたい。
すると
mint-backup-to-sdb7.bat で mitのバックアップができます。
----------------------------
y='/mnt/sdb7/Mint-Backup'
mkdir -p $y
z=$y`date +%F`
echo $z
mkdir -p $z

for x in bin boot cdrom dev etc grldr home initrd.img lib media opt proc root run sbin srv sys tmp usr var vmlinuz
do
echo $x
(cd /mnt/sda1 ; tar cvpf - $x )|( cd $z ; tar xpf - )
done



書き戻しは tar xvpf  です。
これで 何度救われたことか。
そして 冒険が怖くなくなります。
で mintを軽くするため lxde化しました。
jwmの方はmintのjwmのサポートが少なく 不便でした。
hatahata
 
記事: 211
登録日時: 14/06/11(水) 11:49


Return to その他

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]