StretchDog64 for testing 日本語化パッケージ(rootでもMozc)

以上のフォーラム以外の利用者の話題

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

StretchDog64 for testing 日本語化パッケージ(rootでもMozc)

投稿記事by Zstep » 17/05/03(水) 18:23

fredx181さんがこちらで公開されている StretchDog64を
日本語化するためのパッケージを作ってみました

Preview of StretchDog64 for testing.
http://www.murga-linux.com/puppy/viewto ... &start=420

オリジナルファイル名 StretchDog64_Jp-0505.tar
サイズ           14.6MB (15278080bytes)
PASS                slink
ダウンロード後のファイル名 Pp15397.tar
http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp15397.tar.html

使い方は

1、 端末を起動して apt update を実行

2、 Pp15397.tarを解凍

3、 StretchDog64_Jp-0505フォルダの中にあるscim-mozc-root_2.0.3_amd64.debをクリックして実行

4、 instdeb-cliが立ち上がりインストールが始まる
途中でDo you want to continue? [Y/n] と聞いてくるので Yを押して続行
日本語化に必要なパッケージで足りなものがdebian-Stretchのリポジトリよりダウンロード・インストールされ
ローケールなどが設定されます

5、 Done. Press any key to close ... と出たら何かキーを押してinstdeb-cliを終了

6、 openboxのメニューを日本語にする為のパツケージ(一部しか日本語になってませ)
203-StretchDog64_Jp.squashfsをインストール先にあるliveフォルダの中にコピー
(メニューは英語のままでいい場合は必要ありません)

再起動後日本語環境となります


scim-mozc-root_2.0.3_amd64.debは
DebianDog 64 Jessie. Chrome Remasterでも
DebianDog Jessie 64-bit、でも利用可能です
この場合、日本語化に必要なパッケージで足りなものはdebian-Jessieのリポジトリよりダウンロードされます
パーミッションが与えられていないため、記事の添付ファイルを見ることができません
Zstep
 
記事: 43
登録日時: 16/12/06(火) 12:49

Re: StretchDog64 for testing 日本語化パッケージ(rootでもMozc)

投稿記事by Toku » 17/05/04(木) 03:51

早速試用してみました。
日本語化も今までのような手間が無くなり各段に楽になりました。
.config/openbox内の該当ファイルを編集して日本語化すると新たにインストールした物がメニューに反映されなくなるのでopenboxでの日本語化は諦めていたので助かります。

少し動かして気付いた事ですが私の環境ではメニュー.設定のscim入力メソットの設定のアイコンが反映されてませんでした。
(/usr/share/applicationsのアイコンは反映されてます)
アイコンの指定を/usr/share/pixmaps/scim-setup.pngに変更して対応しました。
Toku
 
記事: 133
登録日時: 10/06/24(木) 14:22

Re: StretchDog64 for testing 日本語化パッケージ(rootでもMozc)

投稿記事by Zstep » 17/05/04(木) 16:05

Toku さんが書きました:少し動かして気付いた事ですが私の環境ではメニュー.設定のscim入力メソットの設定のアイコンが反映されてませんでした。


メニュー弄ってるときアイコンが突然表示されるようになったり消えたりなんか不思議なんです
とりあえずアイコンをフルパスで指定するようにしました

あとメニュー回りをを少し調整して追加パッケージを作成しました

1、 /usr/share/applicationsにある.desktopファイルにName[ja]=の
記述がない場合メニューのアプリ名が空白になるのを修正

2、 アイコンのテーマをAdwaitaに変更するとメニューのアイコンが一部欠落するのを修正
    (ROXテーマの方は未修正)

4、 シャットダウン、ログアウトの並びを元に戻した

5、 scim-setupのアイコンをフルパスで指定した

オリジナルファイル名 menu-fix_504.tar
サイズ           10KB (10240bytes)
PASS                slink
ダウンロード後のファイル名 Pp15406.tar

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp15406.tar.html

使い方は解凍したらある300-openboxmenu-fix.squashfsを
インストール先にあるliveフォルダの中にコピーして再起動してください
(203-StretchDog64_Jp.squashfsも必要です)

※ 該当ファイルを編集されている場合はうまく反映しないかもしれません
300-openboxmenu-fix.squashfs展開して手動でコピーしてください

※ マウスの左クリツクと右クリックでは違うメニューが表示されます
右クリックで出るメニューの方(純粋なopenboxメニュー?)は未調整です
パーミッションが与えられていないため、記事の添付ファイルを見ることができません
Zstep
 
記事: 43
登録日時: 16/12/06(火) 12:49

StretchDog64 for testing 日本語化パッケージ(rootでもMozc)

投稿記事by Zstep » 17/05/06(土) 10:12

FlashPlayerインストーラーでインストールできるNPAPI FlashPlayeのバージョンが少し古く
synapticパッケージマネージャでも上手くインストールできないようです

puppy用のupdateflash_1.7.petに少し手を加えdebパッケージを作成しました

オリジナルファイル名   updateflash_1.7.3.tar
サイズ           10KB (10240bytes)
PASS                slink
ダウンロード後のファイル名 Pp15411.tar
http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp15411.tar.html

tarで圧縮してあります解凍してお使いください
Zstep
 
記事: 43
登録日時: 16/12/06(火) 12:49


Return to その他

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]