tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

標準以外の日本語環境用の派生デストリビューション

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

Chrome の sfs

投稿記事by thinkpadnerd » 17/11/18(土) 21:27

Chrome の ubuntu 向け deb パッケージから sfs を作りました。(Chrome の sfs は本家フォーラムにもあります)
例によって、deb パッケージを展開して sfs にまとめただけです。

本家フォーラムで公開されているものは、Chromium の sfs もそうですが、複数のディストリビューション(バージョン)に対応できるようにライブラリを追加したり、メニューから一発で起動できるようにオプションを予め設定したりしてあります。便利ではありますが、ブラックボックス化している部分もあります。何も手を加えずに sfs 化するのが私のスタンスです。(改造するだけの知識がない、ということもあります)

google-chrome-63.0.3239.84-x64.sfs
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?si ... 9bae7eb456

もとは ubuntu 用 deb なので、tahrpup64 6.0.5 や Xenialpup64 でも動くと思いますが、確認していません。
追記
tahrpup64 6.0.5 では、libgtk-3 (及び関連ファイル)のインストール、libnss, libnspr パッケージのアップデートが必要なことを確認しました。また、xenialpup64 7.5 での動作報告をいただきました。
追記終り

root で使用する場合の起動コマンド(例)
env GTK_IM_MODULE="xim" google-chrome-stable --no-sandbox --disable-infobars --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

spot で使用する場合
Login and Security Manager を利用します。

1. /root/.spot-status をエディタで開いて google-chrome-stable=false という一行を追加します。

2. Login and Security Manager を起動して、google-chrome-stable にチェックを入れ OK を押します。(確認のウインドウが2回現れますが、読んで OK を押します)

メニューから起動するには /usr/share/applications/google-chrome.desktop も編集しないといけませんが、デスクトップにアイコンがあれば事足りるので、今回は省略します。

3. /root/my-documents/chrome.sh を作ります。(実行属性を付ける必要があります)
コード: 全て選択
#!/bin/sh
env GTK_IM_MODULE="xim" google-chrome-stable --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760


アイコンは /opt/google/chrome にあります。アイコンを設定して、chrome.sh をデスクトップにドラッグします。

これで完了と言いたいところですが、なんと pulseaudio がないと音が出ません。
訂正 pulseaudio なしでも音は出ます。以下の手順は必ずしも必要ありません。

pulseaudio の有効化については...
viewtopic.php?f=24&t=3237#p24696

spot 起動の場合はさらに、pulse-access グループにユーザ spot を加える必要があります。
# adduser spot pulse-access

gtk-3 のフォントなどをカスタマイズしたい場合は...
viewtopic.php?f=25&t=3279#p24656

動画の再生ですが、私の環境では、デフォルトの vp9/opus による再生より、h264avc/mp4a での再生のほうが CPU 使用率が低かったです。(拡張機能 h264ify を利用)

----------

pulseaudio は本家フォーラムでも話題になっていますが、「puppy にとっては stranger だ」という意見もあって、なるほど、と思いました。見知らぬ人、土地に不案内な人、つまり puppy にはなじまないということでしょう。

Google 謹製の Chrome を使わずに、Chromium を使えばいいことになりますが、64bit では Chrome が使えるのがメリットだと思うので...
Chromium と違って flashplayer は内蔵されています。
最後に編集したユーザー thinkpadnerd [ 17/12/09(土) 23:28 ], 累計 3 回
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: Chrome 62 の sfs

投稿記事by Zstep » 17/11/19(日) 00:00

tahrpup64 6.0.6とLxpup64で試したところ
うちの環境(何も変更していない)だとpulseaudioなしでも音声再生されました

Lxpup64のほうはパッケージマネージャのデーターベースを更新して
mozilla-nssを3.31.1にアップデートすることで起動するようになりました
Zstep
 
記事: 109
登録日時: 16/12/06(火) 12:49

Re: tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

投稿記事by thinkpadnerd » 17/11/19(日) 01:45

”Zstep さんが書きました
> tahrpup64 6.0.6とLxpup64で試したところ
> うちの環境(何も変更していない)だとpulseaudioなしでも音声再生されました

情報ありがとうございます。
spot 起動を解除して pulseaudio を停止し root で Chrome を起動したら、音が出ました。もう一度 spot を有効にして起動したら、pulseaudio なしで音が出ました。

なぜ音が出ない状態が生じたのか、調べようと思います。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

投稿記事by thinkpadnerd » 17/11/19(日) 14:10

これまでにやってきたことを振り返ってみましたが、よく覚えていないところもあります。確かなことは、Firefox 57 (要 pulseaudio) のテストをしてから、Chrome の spot 起動の実験をしたということです。

save file のバックアップを使って、pulseaudio を設定する前の状態に戻し、Chrome を spot で起動してみました。音は出ます。

次に、pulseaudio の設定をしました。pulseaudio を起動せずに Chrome を起動すると、音は出ますが、動画の再生が始まる前にブチッというノイズが入ります。

puppy の起動時に pulseaudio も起動するように設定して、Firefox も Chrome も pulseaudio 経由で音を出すのが無難かもしれません。(Firefox も pulseaudio も使わない、という選択肢もあります)

P.S.
Firefox 57 はページの読み込み・描画が速いです。しかし、私の環境では動画再生のパフォーマンスは少し落ちました。Firefox 56 と比べて CPU 使用率が高くなります。結局、従来どおり Firefox 56 か Chrome を使うことにしました。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

投稿記事by thinkpadnerd » 17/11/19(日) 19:57

save file を新規に作って Chrome 62 を動かしてみました。(spot 起動)

/root/spot/.config/pulse というフォルダができて、Chrome を起動する度に *-runtime というリンクが増えていきます。pulseaudio は未設定です。リンク先はすべて /tmp/pulse-xxxxxx (xxxxxx は意味不明な文字列) というフォルダで、中身は空です。

Chrome がこれらのファイル・フォルダを作っていると考えられます。Chrome はデフォルトの出力先が pulseaudio になっているのでしょうか。

以前は、本家フォーラムからいただいてきた Chrome の sfs を使っていましたが、/root/.config/pulse フォルダにゴミがたまっていました。root で起動していたので、/root/.config 以下に作成されたと思われます。

Firefox にしても Chrome にしても、初期状態で pulseaudio を持たない Puppy にはやはり、 "stranger" なのかもしれません。 :?
パーミッションが与えられていないため、記事の添付ファイルを見ることができません
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

デスクトップ・ドライブアイコン

投稿記事by ミトじい » 17/12/04(月) 18:39

毎度お世話になっておりますm(_ _)m
ドライブアイコンの表示に若干の問題があるみたいです
 1. HDの拡張パーテションがドライブとしてアイコン表示される(日本語化版、本家とも)
 2. 空のBD/DVDドライブがドライブとしてアイコン表示される (日本語化版のみ)
動作確認は
 日本語化版シンプル: tahr64_606-simple-r1b.iso
 本家: tahr64-6.0.6-uefi.iso
より、内蔵HD(sda6)に手動インストール(各々ディレクトリ作成後4ファイルコピー、menu.lst編集)後起動して初期設定のみで個人保存ファイル(〜〜.4fs)を作成しリブートした状態で行いました

1. HDの拡張パーテションがドライブとしてアイコン表示される(日本語化版、本家とも)
 ブートすると拡張パーティション(sda4)のドライブアイコンが表示されます(添付画像を参照してください)
 クリックすると、マウントに失敗するからかpMountが起動します
 「JWMDesk」の「アイコンの管理」から「リフレッシュ/既存のアイコンを再調整」で再描画しても消えません
 ところが、gpartedを起動/終了後の再描画ではsda4の表示がなくなり、以後表示されません
 その後の「JWMDesk」の再描画でも出なくなります
 が、リブートすると再びsda4のアイコンが現れます

2. 空のBD/DVDドライブがドライブとしてアイコン表示される (日本語化版のみ)
 ブートすると媒体なしなのにsr0のアイコンが現れます
 クリックするとエラーダイアログがでます
 一度媒体を入れ排出(アイコンのマウントマーククリック/物理ドライブの排出ボタン押下いづれでも)した後は、従来どおり媒体ありの時のみアイコンが表示されます
 が、「JWMDesk」のリフレッシュ、またはリブートすると、媒体なしの状態でアイコンがでます
 ふと思いついて、右クリックメニューにある「アイテムの場所を表示」を試したら「~/.pup_event」がファイラー表示されたので、この表示を出したまま「JWMDesk」のリフレッシュを実行したところ、一度は「drive_sr0」というファイルが生成されすぐに削除されているようでしたが、アイコンは消えないままでした

いづれもさして実害はない些細なことかもしれませんが、ご報告まで
長くなってすみませんm(_ _)m
パーミッションが与えられていないため、記事の添付ファイルを見ることができません
machine: PC-VN770WG1YW(NEC) [4x intel core-i3 M330 2.13GHz, ram:4GB,
hdd:1TB(SATA)+3TB(usb2.0), net:Broadcom BCM57780(内蔵)+603HW(Wi-Fi)]
OS: tahr605simple(main use), xenialpup+ja, win7(HP+SP1), linux mint, and more...
アバター
ミトじい
 
記事: 80
登録日時: 13/09/19(木) 08:43
お住まい: 埼玉県 K市 南O

Re: tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

投稿記事by thinkpadnerd » 17/12/04(月) 21:04

情報ありがとうございます。
標準カーネルのままで、core i3 のマシンで動いているのでしょうか。

”ミトじい さんが書きました
> 1. HDの拡張パーテションがドライブとしてアイコン表示される(日本語化版、本家とも)
> 2. 空のBD/DVDドライブがドライブとしてアイコン表示される (日本語化版のみ)

英語版と日本語化版シンプル(初回起動)で見てみました。私のマシンは、光学ドライブが外付けのDVDマルチドライブです。

1 の現象も 2 の現象も、英語版・日本語化版関係なく起こりました。
どちらの現象も変だな、と思いましたが、6.0.5 と 6.0.6 の違いなんだろうと考えていました。(6.0.6 は official バージョンではありません)

本家フォーラムでバグとして報告されているかどうか...

作者さんは最近活動を再開されて、Xenialpup -> Tahrpup の順で作業に着手するという趣旨のことを述べておられました。Xenialpup 7.5 が発表されたので、Tahrpup にも動きがあるかもしれません。ただ、Tahrpup と Xenialpup の改良を平行して進めるのは大変なことだろうと推測します。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

投稿記事by ミトじい » 17/12/05(火) 08:02

はい、サインにある core i3 マシンで、カーネルなどはオリジナルのままです
 ・605では英語版・日本語化版ともに起きない
 ・Gparted終了時タイミングでは正常(と思える)動作になる
 ・英語版の.isoの名前に uefi のサフィックスをつけている
等から、UEFI/GPT 対応の処理にいささかの齟齬があるのかなと素人考えしてますが…

thinkpadnerd さんが書きました:Xenialpup -> Tahrpup の順で作業に着手するという趣旨…
そうですか :cry:
個人的には愛用させてもらってるtahrpupを進めてもらいたいですが、開発者としては新しいものへの対応優先、というのも頷けます
開発する力量のない我が身としては、願いつつ待つしかないですね
machine: PC-VN770WG1YW(NEC) [4x intel core-i3 M330 2.13GHz, ram:4GB,
hdd:1TB(SATA)+3TB(usb2.0), net:Broadcom BCM57780(内蔵)+603HW(Wi-Fi)]
OS: tahr605simple(main use), xenialpup+ja, win7(HP+SP1), linux mint, and more...
アバター
ミトじい
 
記事: 80
登録日時: 13/09/19(木) 08:43
お住まい: 埼玉県 K市 南O

Re: tahrpup64 6.0.6 日本語化版 シンプル

投稿記事by thinkpadnerd » 17/12/06(水) 20:48

ドライブアイコンの件、一応、本家フォーラムに投稿しておきました。(技術的なことは分からないので、事実を伝えただけです。)

”ミトじい さんが書きました
> 個人的には愛用させてもらってるtahrpupを進めてもらいたいですが

私も動向を見守るだけですが、ubuntu tahr のサポートが 2019年4月までなので、改良版を出す予定があるなら早いほうがいいとは思います。
6.0.5 と比べると、6.0.6 はライブラリの追加なしで Chrome/Chromium が動くので、そういう意味では価値があります。でも、リリースのタイミングとしては微妙かな...
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: Chrome 62 の sfs

投稿記事by タロ兵衛 » 17/12/06(水) 23:54

sfs化ありがとうございます

xenialpup64 7.5 で動作しました。(スレ違いですんません^^;)
10年モノのPCですがyoutubeの方も普通に再生できてます
spot起動で、特に何もせずにUSBスピーカ鳴動しました。
実験君こと暫定メインマシン(本体2000円Junk+余剰部品)
AMD Athlon 64 Dual Core 4400+
xenialpup64 7.0.8.6+lang_pack_ja-xenial64e
アバター
タロ兵衛
 
記事: 353
登録日時: 08/07/08(火) 00:11
お住まい: よこはま

Re: Chrome 62 の sfs

投稿記事by thinkpadnerd » 17/12/07(木) 14:33

”タロ兵衛さんが書きました
> xenialpup64 7.5 で動作しました。

情報ありがとうございます。
google chrome の ubuntu 向けパッケージが puppy linux で利用できるのは、結構なことです。google も思っていたほど「いやなやつ」ではなかったということかな。今後、動作要件が今以上に引き上げられたりしないことを願っています。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Chrome 63 の sfs

投稿記事by thinkpadnerd » 17/12/09(土) 23:45

Chrome 63 がリリースされたので、sfs を作りました。
google-chrome-63.0.3239.84-x64.sfs
viewtopic.php?f=24&t=3237&p=24742#p24742

以前のバージョンの sfs がロードされている場合は、予めアンロードして下さい。
バージョン 63 はセキュリティに関する修正が中心で、特に目新しい機能の追加はない模様です。

独立したスレッドを立てたほうがすっきりするかもしれませんが、64bit OS や 64bit アプリケーションは需要は少ないと思いますので、Tahrpup の「おまけ」的な扱いです。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: Chrome 63 の sfs

投稿記事by タロ兵衛 » 17/12/10(日) 01:18

Chrome 63sfs の xenial64 7.5 起動確認しました。
62をアンロードして、63をインストールするだけで、再設定は不要でした。
実験君こと暫定メインマシン(本体2000円Junk+余剰部品)
AMD Athlon 64 Dual Core 4400+
xenialpup64 7.0.8.6+lang_pack_ja-xenial64e
アバター
タロ兵衛
 
記事: 353
登録日時: 08/07/08(火) 00:11
お住まい: よこはま

Re: Chrome 63 の sfs

投稿記事by thinkpadnerd » 17/12/10(日) 11:45

”タロ兵衛さんが書きました
> Chrome 63sfs の xenial64 7.5 起動確認しました。
> 62をアンロードして、63をインストールするだけで、再設定は不要でした。

動作情報ありがとうございます。
spot で利用するための Login and Security Manager の設定は、一度設定すれば、sfs を取り替えても有効なようです。このことは、Chromium の sfs (Tahrpup 32bit 用)にも当てはまります。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

1つ前へ

Return to Puplets

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[3人]