easylinux-0.6のfrugalインストールについて

リリースされた日本語版に関するもの

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

Re: easylinux-0.6のfrugalインストールについて

投稿記事by thinkpadnerd » 17/11/29(水) 19:56

”deash さんが書きました
> 5.7.1のgrub4dosでeasyをインストールしたUSBメモリにmenu.lstなどの対応をする方法を教えて下さい。

以下は説明のページからの引用です。
That's it, done. Shutdown, unplug the Easy Linux USB stick, and bootup, choose Easy from the boot manager menu.
インストールが完了したら、シャットダウンして、usb メモリを抜き、パソコンを起動してブートマネージャメニューから Easy を選んでください、とあります。

バリーさんは sda3 (ハードディスク)にインストールして、パソコンのブートローダから起動する方法の説明をされています。

バリーさんが述べておられる以上のことは、残念ながら私には分かりません。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: easylinux-0.6のfrugalインストールについて

投稿記事by deash » 17/11/30(木) 18:53

最初から

USBメモリに、

と書いているので知らないならそう書いて下さい。
わざと以外のなんですか?
deash
 
記事: 12
登録日時: 17/09/19(火) 00:13

Re: easylinux-0.6のfrugalインストールについて

投稿記事by thinkpadnerd » 17/11/30(木) 20:02

"deash さんが書きました
> バリーさんの現行の最新のeasy-0.6を使ってみているのですが、
> http://barryk.org/easy/easy-frugal-install.htm
> の通りにfrugalインストールでオンメモリ起動をやりたいのですが、どうにも訳がわかりません。

このご質問から始まったわけです。そして、バリーさんは、ハードディスクにインストールして、ハードディスクから起動することを説明しておられます。

easy linux のブートUSBメモリには、ブートローダとして syslinux が構成されています。grub4dos を入れたらブートローダが上書きされてしまいます。そう考えると、あなたが何をなさろうとしているのか、私には分かりません。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 520
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: easylinux-0.6のfrugalインストールについて

投稿記事by deash » 17/11/30(木) 21:27

Easy is an image for an external drive, such as USB Flash stick, SD-card or USB solid state disk (SSD).
deash
 
記事: 12
登録日時: 17/09/19(火) 00:13

1つ前へ

Return to パピーリナックス日本語版

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron