Anthy用JIS第3・第4水準漢字変換辞書

パピーを名犬にするための技、テクニック

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

Anthy用JIS第3・第4水準漢字変換辞書

投稿記事by thinkpadnerd » 17/02/13(月) 11:05

日本語変換システムや辞書については、好みがあると思いますし、自分で工夫している人もいると思います。ネットでは様々な辞書ファイルが公開されています。その一つを紹介します。

tahrpup シンプル版の scim, scim-anthy は lang_pack 由来のものなので、ややバージョンが古いです。それで、一部のファイルをバージョンアップします。これにより utf-8 の辞書が使えるようになります。

パッケージマネージャで以下のファイルをインストールします。

libscim8c2a_1.4.14
scim_1.4.14
scim-anthy_1.2.7
debconf_1.5.51ubuntu2_all
libxkbcommon0_0.4.1

"step by step installation" を指定して scim をインストールする時に、依存ファイルが提示されるので、その中から anthy 関連と gtk-3 関連を除いたものです。

次に「Anthy用JIS第3・第4水準漢字変換辞書」を入れます。
http://yanok.net/dist/anthy-dic-jis34/
使い方は、指定されたディレクトリに辞書ファイルを置くだけです。

変換例
とかられっとう→吐噶喇列島
とどがさき→魹ヶ崎
はーと→♥(ハートマーク)
こぴーらいと→©(○の中に C)
とうろくしょうひょう→®(○の中にR)
おんぷ→♫(8分音符の連符)

「きごう」で変換すると膨大な数の記号が出てきます。第3・第4水準の漢字を読みで呼び出すこともできます。

第3・第4水準の漢字を表示することはあっても、入力する機会はほとんどないので、標準の辞書でも特に不便はないと思います。OpenOffice では、変換で出ない漢字や記号を「挿入」→「記号と特殊文字」で文字コード表から選ぶことができます。
しかし、パソコンの使用目的は人によって様々なので、場合によっては、この辞書が役に立つかもしれません。私は、記号類の入力がおもしろいと思いました。

tahrpup シンプル版、tahrpup 英語版 + lang_pack で動作確認しました。システムがおかしくなることはないと思いますが、念のため事前に save file のバックアップをお勧めします。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606 / Xenial 7.5)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 591
登録日時: 15/10/25(日) 14:00

Re: Anthy用JIS第3・第4水準漢字変換辞書

投稿記事by thinkpadnerd » 18/02/02(金) 17:49

「XenialPup 7.5 シンプル」で、この辞書を利用する方法を記します。

Tahrpup の場合と同様に、utf-8 の辞書が利用できるように scim-anthy 1.2.7 を導入します。

1. シノバーさんのサーバから scim-anthy-1.2.7.pup4.4.2.2.1.pet をダウンロードしてインストール (ありがたく使わせていただきます)

2. /root/.anthy に imported_words_default.d というフォルダを作る

3. このフォルダに、anthy-dic-jis34-0.3.tar.gz (http://yanok.net/dist/anthy-dic-jis34/) を解凍してできた jis3_4.t を置く
(/root/.anthy/imported_words_default.d/jis3_4.t)

4. scim を再起動するために X を再スタート

Tahrpup に導入したときはパッケージマネージャから、scim-anthy の他、scim 等も入れました。ubuntu の scim-anthy だけを入れてもうまく行かないので、そうしたわけですが、今回は puppy 用の古いパッケージを利用することで、iso に含まれている scim を活かしています。もともと lang_pack に含まれている scim, scim-anthy のバージョンがかなり古いので、これで釣り合うのだろうと思います。

この辞書を入れても anthy が特に賢くなるわけではないのですが、メリットは JIS第3第4水準の漢字や記号を呼び出せるようになることです。OpenOffice や LibreOffice の文字コード表を使うよりは、入力の手間が省けると思います。
ThinkPad T42 (Puppy 412 / Lupu 528)
CPU Pentium M 1.6GHz, RAM 512MB
ThinkPad X121e (Precise 571 / Tahr 605 / Tahr64 606 / Xenial 7.5)
CPU AMD C-50 1.0GHz, RAM 4GB
thinkpadnerd
 
記事: 591
登録日時: 15/10/25(日) 14:00


Return to HOWTO

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]